ひじり皮膚科|お知らせ ひじり皮膚科|サイトマップ

ひじり皮膚科クリニックTOP

ひじり皮膚科クリニック診療内容

ひじり皮膚科クリニックサイドロゴ

ひじり皮ふ科クリニック

0823-76-3250

呉市阿賀中央6-2-11 あがプラザ1F
 あがプラザ1F
 (JR安芸阿賀駅より徒歩1分)

院長 真田 聖子

診療時間のご案内

診療時間
9:00〜12:30
15:00〜18:00

※土曜日は9:00〜12:00の午前診察のみです。
初診の受付は診察終了15分前までとさせていただきます。

休診日

水曜日・日曜日・祝日

診療内容

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を特徴とする皮膚疾患です。多くの患者様は皮膚が乾燥しやすい素因(ドライスキン)とアトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)をもっています。
薬物治療及び、日常の生活指導やスキンケア、悪化因子の対策などを行います。

じんましん

じんましんは、一般に食べ物や薬に対するアレルギー反応として起こると思われることが多いようですが、その他感染、運動や暑さ、寒さといった刺激、圧迫や日光など原因はさまざまです。
できるだけ原因・悪化因子の除去や回避、また抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を用いた薬による治療を行っていきます。

尋常性乾癬

乾癬とは、皮膚が赤くなって、表面に白い垢が厚く付着し、ポロポロとはがれ落ちる病気です。まわりの人にうつる病気ではありません。
乾癬の起こる原因はいまだはっきりとしておらず、遺伝的な要因に、扁桃腺炎などの感染症、薬物、外傷・喫煙などの外的因子や、肝臓病や糖尿病、ストレスなどの内的因子が複雑に絡み合って発病したり、悪化したりすると考えられています。
乾癬には外用薬・内服薬・光線療法などさまざまな治療法があり、症状にあわせた治療を行います。

水虫

水虫は、カビの一種である白癬菌が、皮膚の角質層に寄生することによって起こる皮膚の病気です。
梅雨時期から夏に、足のゆびの間がジュクジュクする、といったよく知られた症状の他に、足の裏に水ぶくれができたり、足の裏がガサガサになる、などの症状がみられることもあります。
爪水虫では爪が厚く、脆くなります。抗真菌剤の外用薬または内服薬で治療を行います。

いぼ

いぼは、ウイルスが原因で発生します。しかし、その詳しい感染経路は実は現代医学でも明らかにされておらず、種類もさまざまです。
外用薬、内服薬、液体窒素療法などで治療を行います。

にきび

にきびは、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という皮膚の病気です。思春期にできるにきびも大人になってからできるにきびも、毛穴の入口が何らかの理由で詰まってしまう事が原因となります。理由としては、ホルモンバランスの崩れやストレス、黄体ホルモンの影響、食生活などが考えられます。
たかがにきびと放っておくと痕が残ってしまうこともありますので適切なケア、治療が必要になります。

脱毛症

円形脱毛症や男性型脱毛症などの治療を行っています。詳しくはご相談ください。
(※男性脱毛症は自費治療になります)

皮膚腫瘍

個々の症状、疾患にあわせて、皮膚生検や切除手術を行います。 腫瘍によっては高次医療機関へ紹介させていただきます。